シリーズ 組織現実論の開拓 (全五巻)

第四回配本 第四巻



  黒田寛一 講述
  黒田寛一著作編集委員会 編


  四六判 上製 360頁
  定価(本体3200円+税)
   ISBN978-4-89989-094-2

         
 黒田寛一遺稿 未公開の講述録

 わが組織現実論の精髄をなす<のりこえの論理。
そして、理論的に深化発展させた学生運動論。
──これらは、既成の反対運動の腐敗を、その内側から打破せんと苦闘し奮闘する若き仲間たちと同志黒田の白熱した討論をつうじて生き生きと創造された……

第四巻の主な内容(目次から)

・フラクション創造にかんする理論的諸問題(
1965年7月)
・学生運動論の深化のために(1965年10、11月)
  第一部 論争の素描
  第二部 自治会運動の運動=組織論的解明にかんする諸問題
  第三部 方針提起論にかんする諸問題
・社共のりこえの論理について(1966年3月)
・労働者学習会の討論から(1966年2月、4月)