戦後60年企画
新編集の著作集 全十五巻・別巻一

著者略歴
1911年 北海道長万部に生まれる。
1931年 秋田で農民運動に参加。
1932年 全農全国会議秋田地方委員会を組織 し共産党に入党。11月,治安維持法違反で検挙され懲役5年の判決を受ける
1939年 非転向で出獄。
1945年 共産党に再入党、党本部から派遣されて秋田県党の再建に協力する
1946年 産別会議事務局に入り、党フラクションの責任者として労働運動に献身。
1949年 労働組合政策をめぐって党中央と決定的に対立、産別会議を離れる。以後、活動家グループの指導と執筆活動に専念する。
1968年 8月30日逝去。享年57歳。
責任編集  増山太助 (元読売新聞従組書記長)
        村上寛治 (元朝日新聞労働記者)

刊行にあたって


 
戦後日本労働運動の栄光と挫折を、そ してその驚くべき変質を、この運動のただなかで 指導し左翼的に批判しつづけてきた斎藤一郎──彼の革命的パトスと 批判的精神にみなぎった労作の初めての集大成!
 今日の日本労働運動の変質に憤怒を抱き、この危機を突破しようと日夜奮闘しつづけている闘う労働者たちに、この新編著作集を贈る!


推 薦
いいだ もも   作家
鎌田 慧    ルポライター
熊沢 誠    甲南大学名誉教授・研究会「職場の人権」代表
小宮山量平  編集者・作家
白石徳夫    元新産別中央執行委員
仁田道夫    東京大学社会科学研究所教授
板東 慧    (社)国際経済労働研究所会長
水野 秋    元『新労働通信』代表
三戸信人    元新産別政治部長
山本 潔     東京大学名誉教授

最終回配本 (2011年7月19日発売)

第十五巻 総評 この闘わざる大組織

別   巻 追悼 斎藤一郎
         各巻 定価( 本体3000円+税)


全巻の構成

第U期  全七巻別巻一

第 九 巻  労働運動批判 
       ─ 長期低姿勢下の総評 [上]

第 十 巻  労働運動批判 
       ─ 長期低姿勢下の総評 [下]

第十一巻 安保闘争史 [上]


第十二巻 安保闘争史 [下]

第十三巻 戦後賃金闘争史 [上]

第十四巻 戦後賃金闘争史 [下]

第十五巻 総評 この闘わざる大組織

別   巻 追悼 斎藤一郎 



第T期  全八巻 [完結]

第一巻 戦後日本労働運動の発火点
      ─二・一スト前後


第二巻 労働戦線の統一

第三巻 戦後日本労働運動史 [上]

第四巻 戦後日本労働運動史 [中]

第五巻 戦後日本労働運動史 [下]

第六巻 戦後労働運動の焦点

第七巻 官憲の暴行  

第八巻 日本の労働貴族
topページへ