第九巻 労働運動批判
     
長期低姿勢下の総評 [上]

    序  章 転機にたつ労働運動
    第一章 三転四転する春闘方針と大衆攻撃の伏線
    第二章 岸政権成立と社会党および共産党の春闘体制
    第三章 春季闘争における大衆行動と労働者を売る者たち
    第四章 岸体制を支えるものと激化する闘争
    第五章 新潟闘争から総評第九回年次大会へ
    第六章 原子戦争の準備と闘う平和闘争と総評の三十六計論
    第七章 十月闘争と藤林斡旋案に膝を屈するもの
    第八章 新戦争準備につながる総評の春闘方針とそれを支えるものの動き
       
時代と証言 国鉄新潟闘争を語る [上] 相田一男・村上寛治
    年表


  第十巻
 労働運動批判
     
長期低姿勢下の総評 [下]

    第  九 章  春闘のゆくえと総選挙−激動する内外情勢と原子戦争の準備
    第  十 章  戦争と反共労働運動への転換工作
    第十一章 局地戦争と勤評闘争・警職法闘争
    第十二章 越年闘争から春季闘争へ
    結  語   転換期にたつ労働運動
    
   春闘方式と企業別組合の弱点
    春季闘争の転換のために
    春季闘争と今後の労働運動
    戦後労働運動における企業別組合
    時代と証言 国鉄新潟闘争を語る [下] 相田一男・村上寛治 
    年表
    事項索引/人名索引