第七巻 官憲の暴行

第一期 泥靴で踏み荒らされた編集室―読売争議の記録/東芝
          をおそった白色テロル―東芝争議/戦慄の殺人―東洋時計上尾ケース
第二期 集団強盗は社長一味―愛光堂生産管理弾圧事件/はじ
    めて武装警官が出動―日本タイプ弾圧事件
第三期 「ひざ撃ち」で発砲する警官隊―朝鮮人学校事件/治
安維持法の復活! ―大阪市公安条例/隠匿の伏魔殿
―扶桑鋼管・久保田鉄工摘発事件/福井の震災復興
を妨害するものは誰か?―最初の公安条例/「来なか
ったのは軍艦だけでした」―東宝弾圧の記録/ビール瓶に
ダイナマイト―徳田書記長暗殺未遂事件/かくて政令
二〇一号は罪悪を犯したり―公務員労働運動の破壊/
鉄カブトに防弾チョッキ―日立八・二四事件 
 労働運動弾圧の意味するもの
 年表 労働運動弾圧史
時代と証言 「三鷹事件」を語る      清水 豊(三鷹事件元最年少被告)


第八巻 日本の労働貴族


プロローグ 「手のこんだ芝居」と「ごまかし」の世界
一  総評主流派の労働貴族
二  総評傘下民間単産の労働貴族
三  総評傘下官公労の労働貴族
四  総評の歴史的役割
五  総評反主流派の人びと
六  同盟に群がる労働貴族
エピローグ 日本の労働運動再生への道
斎藤一郎の時局寸評
時代と証言  斎藤一郎と『労働貴族』  三戸 信人(元新産別政治部長)