第一巻 戦後日本労働運動の発火点
      ──二・一スト前後

 二・一スト前後 [上]

第 一 章 無条件降伏とアメリカの軍事占領
第 二 章 解放軍規定をめぐる共産党と社会党の統一戦線論
第 三 章 「民主化」と敗戦直後の労働運動の発展
第 四 章 共産党および社会党の労働組合政策
第 五 章 「アチソン攻勢」にたいする労働者の反撃
第 六 章 十月闘争から二・一スト前夜まで
第 七 章 産業復興会議と経済復興会議
第 八 章 二・一ストをめざす全態勢
第 九 章 占領軍の干渉とスト中止命令をめぐる動き
時代と証言 二・一スト余話    村上寛治


















第二巻 労働戦線の統一


 二・一スト前後 [下]

第 十 章 二・一スト直後の「敗北主義」と新たなる転換
第 十一章 労働運動の前進のために
付録  二・一ストにたいする占領軍干渉の記録
  『二・一スト前後』補遺 ― 横山不二夫論文に関連して
 労働戦線統一の諸問題
第 一 章 統一戦線の動向
第 二 章 細谷イズムの統一論批判
第 三 章 全労連を中心とする統一戦線の発展
第 四 章 産業別組合および地方組織の統一戦線
時代と証言 斎藤一郎とその時代  水野 秋・村上寛治