神戸事件の

   「酒鬼薔薇聖斗」とは?

 世間を騒がせた児童連続殺傷事件。
 その社会的・国際的背景は何か?  この事件の本質は何であり、
 なぜ文化人は沈黙を続けているのか?
 豊富な資料、年表付き。
  編著者 現代社会問題研究会   
  四六判 276頁  本体2400円
  発行 解放社

目次


「酒鬼薔薇聖斗」事件の真相と深層
誘導尋問
素人と玄人
短冊と直線
「到達目標」への接近操作
−−「神戸連続児童殺傷事件」捏造の構造

II
弁護しない弁護団
日共系弁護団の無能
内幕を自己暴露した弁護団
代々木式思考法の倒錯

III
ブラック・ジャーナリスト立花隆の野垂れ死に
躓き斃れた大江健三郎
「酒鬼薔薇聖斗」は少年Aなのか
IV
冤罪の証拠
ロバートレスラーの代理人
「懲役13年」は何を象徴するか
−−柳美里の奇抜な神戸事件評論

あとがき