あかね文庫 8




黒田寛一
 編著
四六判 222頁 本体価格 2000

今日の思想的混沌をいかに突破すべきか?
現代技術文明と伝統的文化との相剋、普遍宗教と民族との葛藤と角逐、ジハードと十字軍。この悲惨超克の途は奈辺にありや。21世紀思想創造の原点は何か。
英文とその和訳を同時収録!

本書は2001年4月に英国ウェールズのカーディフ大学で計画された「マルクス主義的主体」をテーマにした国際会議に向けての黒田寛一氏の報告草案(英文)と、その日本語訳を中心に編纂されています。日本語訳は流れるようなリズムと力強さをもった古語訳でなされています。
●目次
マルクス主義のルネッサンス
T 21世紀の劈頭に在る世界 /  U マルクス主義の現今に於る危機 / V 戦後日本に於るマルクス主義研究 / W 日本の革命的マルクス主義  /  X マルクス主義の展望
終焉の端初
 (付1)反戦闘争の現在的環 /   (付2)イラク軍事侵略戦争反対!
(英文)
For a Renaissance of Marxism
in the 21st Century
The Beginning of the End
Antiwar Struggle in the Present Topos
Oppose an Imperialist War on Iraq! 
                                                 立ち読みコーナーへ