あかね文庫11

 
 風森 洸 編著 四六判 302頁 本体価格 2900円 

硝煙と戦禍につつまれた21世紀世界の幕開きは、なぜ・どうしてもたらされたのか? 「テロ根絶」の名におけるイラク爆撃、この米英帝国主義の侵略を「現代の十字軍」とブッシュが誇示したゆえんは何か?
架空 「フセイン裁判―暴露の演壇」 は真髄を暴く!

T イラク反戦闘争のうねりを

ブッシュ帝国の暴虐を打ち破る国際反戦闘争の炎を
一 暴走するブッシュ帝国
  A ファルージャ人民大虐殺とムスリムの総反攻
  B 「対テロ戦」強行への暴走
二 二十一世紀世界の分極化
  A 〈変形的台形型四極構造〉の現出
  B 米中新対決時代の幕開き
  C ブッシュ帝国との心中に突き進む日本ネオ・ファシスト政権
三 イラク反戦闘争の戦列の革命的強化を
  (一)イラク侵略戦争のイデオロギー的=階級的本質
  (二)二十一世紀世界の構造的再編成
  (三)〈闘うムスリムとの連帯〉という指針の革命的意義
【補】イラク暫定国民議会選挙の一大波紋

U 米軍事占領支配の破産

四月反米蜂起─結果と展望
  一 二つの蜂起─ファルージャとナジャフ
  二 時期尚早の武装蜂起─サドル派の闘い
  三 住民武装の要塞都市─ファルージャの闘い
  四 「イラク建設国民会議」は何をめざすか
シーア派信徒大虐殺謀略
  A 大謀略の強行
  B シーア派蜂起への恐怖
  C 破産した占領軍政
  D 国連利用策の限界露呈
スペイン謀略テロと「友邦同盟」の瓦解
  一 3・11列車連続爆破謀略とスペイン政変
  二 「友邦同盟」崩落の危機
  三 イラク軍事占領の総破産
  四 命運つきたブッシュ政権

V 二十一世紀の宗教=民族戦争

暗黒の二十一世紀を突破せよ
─破産したイラク軍政と宗教=民族戦争の悲劇─
一 米占領軍の敗北─反米ゲリラ闘争の高揚
  A 日本国軍のイラク出動
  B 激烈化した反米ゲリラ戦
  C 欺瞞に満ちた「主権移譲」
二 あがく「一超」軍国主義帝国
  A ブッシュ政権内の確執
  B 軍事同盟再編をめぐる対立
三 二十一世紀世界の構造的激変
  A 「イラク復興」をめぐる米欧対立
  B 〈三極〉角逐の激化
四 現代の宗教=民族戦争に反対する闘いの創造を!
  A 暴かれる「不正義の戦争」
  B 現代版十字軍とイスラームとの戦争
  C 〈脱イデオロギー時代〉の悲劇
架空 サダム・フセイン裁判─「暴露の演壇」
  サダムの陳述はじまる
  イラクにWMDを供与したのは誰だ!
  悪魔の親子がイラクに襲いかかった
  十字軍の悪逆無道
  戦犯ブッシュに神の裁きを

【和英対訳】
第42回日本国際反戦集会の海外アピール
Overseas Appeal for the 42nd International Antiwar Assembly in Japan
Denounce the massacre in Fallujah by the US occupation forces!